基本理念

   
   地域福祉を推進する目的は、「地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者は、相互に協力し、福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営み、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が平等に与えられるようにすること」です。
   そのためには、地域住民、福祉団体、市、社会福祉協議会が協働して、地域福祉の推進に努める必要があります。
   特に、支え合える地域づくりには、地域住民の役割は欠かせないものであり、地域住民が主体的に行動することが望まれます。
   本計画の基本理念は、「第二次佐久市地域福祉計画」の基本理念を踏まえるとともに、全国社会福祉協議会の基本理念とも合致する「人と人がつながり 支え合う地域づくり」とします。
 

基本理念の達成に向けて、3つの基本目標を掲げます。

基本理念の達成に向けて、3つの基本目標を掲げます。
 
みんなで支え合う人づくり
核家族化や都市化の進展に伴い、近年では地域住民の連帯意識が希薄化の傾向にあります。
このため、ノーマライゼーション(※)の理念を基本に、すべての人が等しく家庭や住み慣れた地域でお互いに思いやり、尊重しあいながら、安心してその人らしい生活を送ることができる福祉のまちづくりが求められています。
地域住民同士の自主的・主体的な支え合い意識を啓発し、市民の連帯意識を高め積極的に地域活動に関わることができる人材の育成と地域活動を支える組織の育成や活性化を図ります。
(※)高齢者や障がい者など、すべての人が分け隔てなく暮らせる社会が正常(ノーマル)だとする考え方。
 
安心・安全に暮らせる社会づくり
誰もがわかりやすく、利用しやすいサービス情報や相談体制、利用者のニーズに合ったサービスが継続的に提供できるしくみなど、総合的なサービスの提供をめざします。
また、安心して子どもを生み育てられるしくみづくりや、地域住民がお互いに支え合う地域コミュニテ(※)の形成をめざします。
さらに、災害時においてもすべての市民が安心して暮らせる地域を築くための自主防災活動や、犯罪から地域を守る自主防犯活動を中心とした助け合い活動の充実を図ります。
(※)人々が共同意識を持って共同生活を営む一定の地域及びその人々の集団、地域社会、共同体。
 
心とからだの健康(生きがい)づくり
自分の健康は自分でつくる」を理念に「守る健康」から「つくる健康」への意識改革を進め、市民一人ひとりが心とからだの健康管理、体力増進など、自らの健康づくりを実践できる環境の整備が求められています。
少子高齢化や国際化の進展など社会経済の変化や情報化社会の到来により市民ニーズはますます多様化しています。いつでも、どこでも学習できる環境の整備を進めます。
また、経済成長を支えてきたいわゆる団塊の世代が退職期を迎え、優れた知識・技術や知恵を持つ元気な高齢者が地域社会で増加しています。かつては、地域の指導的な立場であったり、調整係といった役割を担っていた中高年の世代が、健康で生きがいを持って暮らしていくためにも、地域活動へ参加しやすいしくみづくりを進めます。
 
 

基本体系

基本体系
 

佐久市地域福祉活動計画

佐久市地域福祉活動計画
 
qrcode.png
http://www.sakusi-shakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
020597
<<社会福祉法人佐久市社会福祉協議会>> 〒385-0043 長野県佐久市取出町183 TEL:0267-64-2426 FAX:0267-63-4541